やけどの予防

乳幼児のやけど予防には、家庭内の安全環境を整えて

乳幼児は保護者が目を離した瞬間に、ポットの蒸気に手をかざしてしまったり、テーブルクロスを引っ張って熱い液体をこぼしてしまったり、思いもよらない行動をして、やけどを負ってしまうことが多くあります。

以下のような家庭内の安全対策をして、保護者が目を離しても、やけどをしない安全な環境を整えるようにしましょう。

  • 熱源となるものは、乳幼児の手の届かない場所に置く。
  • テーブルの端に熱い食べ物や飲み物を置かない。
  • テーブルクロスを使わない。
  • ストーブ、キッチンに安全柵をつけて入れないようにする。
  • 赤ちゃんを抱いたまま熱い物を扱わない。
  • 風呂やシャワーの湯温は必ず確認する。
暖房のきいた室内