胸やけの原因

出過ぎた胃酸によって炎症が生じ、胸やけが起こる

胃は食べ物を消化するために非常に強い酸である胃酸を出します。けれども胃の粘膜からは、ムチンから成る胃粘液が分泌されており、胃壁が傷つかないよう保護しています。しかし、胃酸が過剰になり過ぎると胃粘膜を荒らして炎症を起こしたり(胃炎、胃・十二指腸潰瘍)、食道に逆流したりすることで(逆流性食道炎)胃の不快症状を感じるのです。

近年増えている「逆流性食道炎」は、食道と胃を区切っている下部食道括約筋食の閉じ方が不十分なために、食道に胃酸が逆流して炎症が生じ、胸やけの症状を引き起こしてしまいます。 逆流性食道炎は内視鏡検査で下部食道粘膜に明らかな粘膜傷害が確認できますが、胸やけなどの不快な症状があっても、内視鏡検査で粘膜障害がない場合は、「非びらん性胃食道逆流症(NERD)」といいます。

胃の図

ストレスが胸やけの原因にもなる

ストレスが過多になると自律神経が乱れて、胃酸の分泌が過剰になったり、粘膜を保護する粘液の分泌が減少したりし、胃のトラブルが起こりやすくなります。過剰に分泌された胃酸が食道に逆流することでも胸やけの症状が現れます。

ストレスと胃のトラブルの関係

暴飲暴食、脂っこい物の食べ過ぎも胸やけの原因

高脂肪や消化のしにくい物を多く食べたり飲んだりすると、胃酸が大量に分泌されます。同時に食道と胃のつなぎ目を閉じている下部食道括約筋が緩んでしまい、大量の胃酸が食道に逆流して胸やけが起こりやすくなります。

暴飲暴食のイラスト

胸やけは高齢になると発症しやすい

高齢になると体全体の筋力が衰えてきますが、下部食道括約筋も同様に筋力が低下し閉まりが悪くなってきます。このため、食道に胃酸が逆流することが多くなり、胸やけの症状が多発します。

肥満の人や横になった時にも胸やけを発症しやすい

腹圧が高いことでも胃酸の逆流が起こります。肥満の人は腹圧が強くかかるため、胃の内容物が押し上げられて逆流が起こり、胸やけを感じやすくなります。腰や背中が曲がっていても腹圧は高くなってしまいます。また、食事をしたすぐ後に、横になったり眠ったりすれば、胃酸が逆流しやすい姿勢をとっていることになります。