下痢の原因・症状

「急性下痢」は消化不良や食中毒、ウイルス感染が原因

急性下痢は主に、暴飲暴食・早食いなどによる消化不良、冷たい物の飲み過ぎ、寝冷えなどが原因で、突然の腹痛と共に下痢が起こります。この他、食中毒などウイルス感染によっても下痢は起こります。食中毒などの感染性の下痢の場合は、腹痛の他、吐き気や嘔吐、発熱を伴い、一度排便しても腹痛が治らないのが特徴です。

過敏性腸症候群の症例

「慢性下痢」はストレスが原因に。大腸がんなどの病気の可能性も

慢性下痢は主に、ストレス、不規則な生活や睡眠不足が原因で起こります。排便を起こす大腸のぜん動運動は自律神経によってコントロールされているため、ストレスや乱れた生活習慣によって自律神経の働きに乱れが生じると、大腸の働きにも悪影響を及ぼします。具体的には、大腸のぜん動運動が活発になり過ぎてしまい、便が直腸へ運ばれるまでの間に水分が十分に吸収されず、水様便や泥状便といった下痢を引き起こしてしまいます。

下痢が起こる仕組み

慢性下痢は、大腸がんやポリープ、潰瘍性大腸炎などの病気が原因で起こる場合もあります。症状は病気によって異なりますが、下痢の他に、便に血が混じる、熱が続く、体重が減少するなどの症状が見られることも。これらの症状を伴う場合は速やかに医療機関を受診しましょう。

慢性的な下痢は「過敏性腸症候群」が疑われる場合も

下痢が慢性的に続く場合は、「過敏性腸症候群」の可能性も考えられます。過敏性腸症候群になりやすいタイプとしては、繊細で几帳面な性格の人、不安・緊張などのストレスを発散できずにため込んでしまう人などが挙げられます。過敏性腸症候群の場合、通勤や通学の途中など特定の状況に限って起こる場合と、日常生活の様々な場面で起こる場合とがあります。

過敏性腸症候群が疑われる場合は、まず消化器内科を受診し、大腸を含む消化管に器質的異常がないかどうか検査を受けましょう。

過敏性腸症候群の症例