お役立ちコラム

目が疲れない照明を取り入れる

仕事や読書をする時、室内の照明にも気をつけましょう。暗く字が読みづらいところで無理をしていると、眼精疲労の原因ともなります。天井灯と電気スタンドを併用して、部屋の照明はあかりの均一な蛍光灯を使用します。明るさは6畳の部屋で80~100ワットくらいを目安にするとよいでしょう。

目の健康のために心がけたい事