老眼(老視)の予防・改善法

若返りにもつながる!目のアンチエイジング対策

「見る」という行為は、脳の働きに大きな影響を与えており、脳の半分以上が視覚から得た情報を処理するために働いているとされます。つまり、老眼や目の病気で物が見えにくくなると、生活の質を下げるだけでなく、脳の働きの低下にもつながるといえます。目の老化を防ぐことは、心身のアンチエイジングにもつながるといえそうです。

目の健康を守る栄養素は、抗酸化物質

紫外線やたばこ、過度のアルコール摂取は体を酸化させ、老化を早めます。これらを避け、適度な運動、十分な睡眠、ストレスをためないことを心がけると共に、日頃から、目の健康を守る働きがある抗酸化物質を多く含む食事を心がけましょう。老眼に有効な栄養素は以下の通りです。

老眼に有効な栄養素①:アントシアニン
網膜の健康と視機能を助ける。ビルベリー、ブルーベリーなどのベリー類の皮、黒豆などに含まれる。
老眼に有効な栄養素②:ルティン
網膜を光老化から守る。ほうれん草、人参などの緑黄色野菜。
老眼に有効な栄養素③:アスタキサンチン
強い抗酸化力、血流改善の働き。エビ、サケ、イクラ、カニなどに含まれる。
老眼に有効な栄養素④:レスベラトール
細胞の酸化を防ぎ、若さを維持する。赤ワイン、赤いぶどうの皮、ピーナッツの皮などに含まれる。

老眼による疲れ目には、目を休ませることが大切

老眼によるピント調節機能の疲れには、次のような方法で目を休ませましょう。

疲れ目の解消法
老眼による疲れ目に①:目を閉じる、目に手を当てる。
目を軽く閉じたり、ギュッと閉じたり、まばたきするのも目の休養になる。また、目に手を当てると、手の熱が目に伝わり、筋肉を緩める。
老眼による疲れ目に②:目の体操
上下左右に目をぐるぐると動かすと、目の周辺の筋肉が刺激され、筋肉のコリがほぐれる。気持ちよいと感じる程度に行う。やり過ぎは逆効果。
老眼による疲れ目に③:温める・冷やす
熱いおしぼりや温めたアイマスクなどを両目に当てると、血行が促され、疲れの解消に。温めるのと冷やすのを繰り返すのも効果的。
老眼による疲れ目に④:目薬をさす
目のピント調節機能を改善する成分が入った目薬をさすとよい。