老眼(老視)の対策

40歳を過ぎたら定期的に眼科健診を

ピント調節機能の低下は、若い年代から既に始まっていますが、40歳くらいまでは日常生活に問題なく過ごせます。個人差はありますが正視の人は42~45歳頃から老眼の症状が現れ始めます。老眼を軽視して放っておくと眼精疲労を引き起こして全身症状につながったり、前述のような別の病気を見過ごしてしまったりします。老眼かなと感じたら、まずは眼科を受診しましょう。最新の検査機では、老眼の進行度合いも分かりますし、危険な病気を初期段階で発見することもできます。目の病気は加齢に伴いかかりやすくなるので、40歳を過ぎたら、年に一度は眼科で総合的な検査を受けることをおすすめします。

目の病気の予防法

老眼の対処は老眼鏡などで矯正することが基本

老眼は加齢による老化現象なので、個人差はあるものの誰もがなるものです。そこで老眼への対処法は、老眼鏡をかけるなどの矯正が基本となります。老眼は年齢と共に進むため、65歳くらいまでは定期的に老眼鏡を変えていく必要があります。1度老眼鏡をつくったからと安心せず、2~3年ごとに見直しましょう。

目の健康のために心がけたい事
老眼の対処法①:老眼鏡
本を読むなど近くの決まった距離を見るのであれば単焦点レンズの老眼鏡を使います。1つの老眼鏡でテレビを見たり読書をしたりする場合は中近両用レンズ、外出して車の運転をするなら遠くから手元まで見える遠近両用レンズ、といったように1枚のレンズで2つの度数をもつ累進レンズもあります。用途や生活スタイルに合わせて、いろいろなタイプがありますので、自分の使い方に合った老眼鏡を選ぶようにします。市販の簡易な老眼鏡などで済ませたり自分に合わない老眼鏡を使ったりしていると、目に負担がかかり、眼精疲労となってしまうこともあるので注意が必要です。
老眼の対処法②:老眼用コンタクトレンズ
老眼鏡の累進レンズと同様に、1枚のレンズに近くを見るための度数と、遠くを見るための度数が入っているレンズです。これまでコンタクトレンズを使っていた人やメガネを使用したことのない人が、老眼鏡を使うのに抵抗があるなら老眼用コンタクトレンズを使用するとよいでしょう。慣れるまで時間がかかることがあり、うまく使いこなせない場合もありますので、しっかり試してから使用することをおすすめします。

老眼による疲れ目に効く、市販の目薬の選び方

老眼による疲れ目が気になる場合、目のピント調節機能を改善する成分や新陳代謝を促す成分が多く含まれている目薬が選びます。代表的な成分は、ネオスチグミンメチル硫酸塩、シアノコバラミン(ビタミンB12)、FAD(活性型ビタミンB2)など。また、パソコン作業が多い場合は、ピント調節機能を改善する成分のほか、目を保護する成分であるコンドロイチン硫酸ナトリウムを多く含む目薬がおすすめです。ドライアイの症状がある場合は、涙と同じ性質をつくる塩化カリウム、塩化ナトリウムなどを含む目薬で、防腐剤の入っていないものがベターです。購入の際は、薬剤師などに相談の上、選ぶとよいでしょう。