老眼(老視)の症状

老眼になるとピント調節に時間がかかるようになる

老眼になると、新聞や食品表示など近くの小さな文字が読みづらくなり、以前より目から遠ざけないと読みにくくなります。また、近くを見たり遠くを見たり、距離の違う物にピントを合わせるのに時間がかかるようになるので、例えば近くの本を読んでいる時、ふと遠くに目を移すとしばらくぼんやりしたりします。さらに、光の量を調節する機能も低下するため、暗くなると本が読みにくくなることも。このような症状が出たら、老眼の始まりです。

老眼の起こる仕組み

老眼が引き起こす「眼精疲労」

老眼が進んでいるのに、老眼鏡を使わずに無理にピントを合わせようとすると、目が疲れ、目のかすみを引き起こします。この状態が続くと、休息しても目の疲れが継続してしまう「眼精疲労」が起こりやすくなります。眼精疲労になると、目の疲れ、目の充血、物がかすんで見えるかすみ目といった目の症状だけでなく、頭痛、肩こり、吐き気、疲労感といった全身症状を伴うことが少なくありません。目の症状と共にこうした全身症状が現れたら、老眼が原因になっている可能性があることも覚えておきましょう。

眼精疲労の主な症状

老化によって目が乾きやすくなると、かすみ目になる

涙液の分泌量は加齢と共に減少し、目が乾きやすくなります。涙液の分泌量の低下は、老眼同様に40代くらいで最も顕著に現れます。女性の場合、40代後半から50代前半(更年期)は目の潤いにも関わる女性ホルモンが急激に低下することもあり、「ドライアイ(「 目の乾燥」)」になりやすい傾向があります。目の表面には微妙な凹凸があり、それを涙の層がカバーしていますが、ドライアイになると涙の層が正常に形成できず、表面の凹凸が露出してしまい目から入る光がまっすぐに進めないため、かすみ目になります。その上、ピント調節機能が低下していることもあり、かすんで見えることが多くなるのです。

老眼と間違いやすい目の病気に注意!

加齢に伴って起こりやすい目の病気の中には、「目のかすみ」「目の疲れ」などの症状が現れるものがあります。老眼の症状と似ていることもあり、老眼だと思い込んで放置していると視力の低下を招いたり、最悪の場合は失明につながったりするケースもあるので、軽視しないことが大切です。目の異常を感じた時は、眼科できちんと検査を受けてください。加齢に伴って起こりやすい代表的な目の病気は以下の通りです(症状は表参照)。

目の病気と症状
白内障 目がかすむ、細かい文字が見えにくい、光をまぶしく感じるなどの症状が現れ、視力が徐々に低下する。
緑内障 初期には症状が現れにくい。目が疲れやすい、目がかすむ、視野が欠けるなどの症状。
加齢黄斑変性 物の中心部が暗く見えたりゆがんで見えたりし、進行に伴って見えにくい範囲が徐々に広がり、視力も低下する。
糖尿病網膜症 初期は無症状。進行すると目がかすんだり、目の前に蚊が飛んでいるような感じがしたり、視野が欠けたりする。
老眼と間違いやすい目の病気①:白内障
水晶体が加齢と共に白く濁る。程度の差はあっても加齢による白内障は誰にでも起こり得るが、現在は手術により視力回復が可能。紫外線も病気の進行にかかわる。
老眼と間違いやすい目の病気②:緑内障
40代以降の20人に1人がかかっているとされる病気。何らかの原因で視神経が障害され視野が狭くなる。眼圧の上昇がその病因の1つといわれているが、眼圧が正常な緑内障もある。一度障害を受けた視神経は再生しないため、失明の危険を伴う。
老眼と間違いやすい目の病気③:加齢黄斑変性(かれいおうはんへんせい)
加齢により網膜の中心にある黄斑に異常を生じる病気。体の酸化ストレスを招く「フリーラジカル」との関係が指摘されている。光が集まる黄斑は紫外線の影響を受けやすい他、栄養状態や高血圧、喫煙も関与するとされ、目の生活習慣病ともいわれる。
老眼と間違いやすい目の病気④:糖尿病網膜症
糖尿の合併症で、目の毛細血管が障害されて起こる失明原因になりやすい疾病。