口内炎の予防法

口内炎の予防には生活習慣を改善し、免疫力を高める

口内炎の予防法①:疲労をためない、ストレスをためない
口内炎は食生活の乱れ、睡眠不足、疲労やストレスが蓄積して、免疫力が低下している時に多く発症します。口内炎ができた時は心身の不調のサインと捉え、睡眠を十分にとって疲労をためない、ストレスを発散させるような気分転換を行う、といったことも心がけましょう。
口内炎の予防法②:必要な栄養をしっかり摂る
食事は規則正しく栄養バランスのとれた内容を心がけ、特に口内炎の予防や改善に効果のあるといわれるビタミンB群や、粘膜の潤いを保つビタミンA、免疫力を高めるビタミンCなどを含む食品をより多く摂るようにします。

口内を清潔に保って口内炎予防

口内炎予防のためにも、日常的に歯磨きやうがいをしっかりと行います。歯を磨く際は、力を入れ過ぎて歯肉を傷つけないよう注意します。入れ歯や矯正器具を使用すると、口内を傷つけたり洗浄せず不衛生になったりして、口内炎を発症する場合があるので特に注意が必要です。