胃炎・胃もたれの予防法

ストレスマネジメントを心がけよう

胃炎・胃もたれの原因にはストレスが大きく関係していますが、ストレスフリーの生活を目指すのは非現実的。ストレスを上手にコントロールすることを目指しましょう。

そのベースとして規則正しい生活で自律神経を整えておくことが必要です。規則正しい生活は、食事の時間を一定にすることで実践できます。胃腸の働きにリズムができ、胃腸の機能も高まります。

睡眠不足は自律神経のバランスを乱し、胃炎・胃もたれの原因となります。十分な睡眠をとるようにしましょう。運動や娯楽など好きなことをする時間をつくり、ストレスを上手に発散することも大切です。

胃酸過多につながる食生活を改めよう

暴飲暴食、脂質の摂り過ぎなど、胃酸過多になる食生活は改めましょう。寝る直前の飲食、香辛料などの刺激物、コーヒーなどカフェイン飲料の摂り過ぎも胃に負担をかけてしまいます。

また、喫煙習慣もNGです。タバコを吸うと胃の血流が悪くなり、胃粘膜の抵抗力や胃の機能低下につながります。

ピロリ菌検査と除菌