お役立ちコラム

妊婦もインフルエンザワクチンの接種を

インフルエンザワクチンは、ウイルスの感染力をなくした不活化ワクチンです。胎児に直接影響を及ぼすことがないため、妊婦でも接種することができます。妊娠中は免疫力が低下しウイルスや細菌に感染しやすく、感染すると、高熱や咳などにより母体の状況が悪化し、胎児にも悪影響を及ぼします。また妊娠中は、抗インフルエンザ薬が使いにくいことからも、インフルエンザの予防にインフルエンザワクチンの接種がすすめられています。