冷え症の原因

体の末端に血液が行きわたらなくなるのが冷え症の原因

体には重要な臓器が集まる体の中心部を一定の温度に保とうとする働きがあります。外気温が低い時は、体温を維持するために自律神経が働いて、手先や足先など末端にまわる血流を減少させ、血液を体の中心に集めます。そのため、深部体温は下がりませんが、手先や足先などの末端には血液が行きわたらず、体感として冷えを感じるようになるのです。

また、寒い時でなくても、貧血や低血圧の方の場合、酸素や栄養素をきちんと手先や足先など体の末端に届けられなくなり、手先や足先が冷えて冷え症になる場合があります。

自律神経の乱れも冷え症の原因に

全身の血流を調整しているのは自律神経であるため、ストレスや不規則な生活によって自律神経が乱れると、血流が悪くなり末端が冷えて冷え症になる場合があります。また、女性ホルモンと自律神経は脳の視床下部でコントロールされていることもあり、更年期などで女性ホルモンの分泌(ぶんぴつ)が乱れると、自律神経にも影響を及ぼし、冷え症につながります。

監修プロフィール
今津嘉宏先生
芝大門 いまづクリニック院長 いまづ・よしひろ今津嘉宏先生

1988年藤田保健衛生大学医学部卒業。慶應義塾大学医学部外科学教室助手、同大学医学部漢方医学センター助教、WHO intern、慶應義塾大学薬学部非常勤講師、北里大学薬学部非常勤講師、首都大学東京非常勤講師などを経験。2013年芝大門 いまづクリニック開設。北里大学薬学部非常勤教員。著書に『風邪予防、虚弱体質改善から始める 最強の免疫力』(ワニブックス)など。

冷え症に関する動画