日焼け・シミ・そばかすの原因

「日焼け」は紫外線で皮膚がやけどをすると起こる

日焼けを引き起こす紫外線は太陽光に含まれる光線の1つで、波長の長いほうからUV-A、UV-B、UV-Cに分けられています。波長が短いほどエネルギーが強く、人体に及ぼす影響も大きくなります。ちなみにUV-Cは地表まで届きません(下記参照)。

日焼けした肌は健康的なイメージがあるかもしれませんが、実際は紫外線による刺激で皮膚にやけどが起こっている状態。日焼けは専門用語で「日光皮膚炎」と言います。

皮膚に紫外線が当たると、メラノサイトという細胞から、皮膚を保護するメラニン色素がつくられます。このメラニン色素が、紫外線の皮膚内部への侵入を防ぐために表皮に運ばれると、皮膚の色が黒くなり、日焼けした状態となります。

日焼け

日焼けをすると遺伝子を傷つける

強いエネルギーをもつUV-Bは、皮膚細胞に入り込み、細胞内の遺伝子に傷をつけます。通常であれば、遺伝子についた傷は数日で自然に修復されますが、強い日焼けによって細胞に多量の傷ができると、修復が追いつかずに傷が残ってしまいます。その傷によって誤った遺伝情報(突然変異)が生じることがあり、それが皮膚がんの原因になると考えられています。

紫外線は免疫機能を低下させる作用もあり、がん細胞を排除する力が弱まることも皮膚がんを助長する一因となっています。

「シミ」は紫外線ダメージの蓄積で起こる

一般にシミは、長期間にわたり少しずつ紫外線を浴びた皮膚細胞に蓄積されたメラニン色素が原因でできるもので、これを「日光性色素斑」と呼びます。紫外線を浴びると、メラノサイトが刺激され、皮膚を保護するメラニン色素が生まれます。通常メラニン色素は皮膚のターンオーバー(代謝機能)によってはがれ落ちますが、メラニン色素が産生され続けて沈着してしまうと、シミとなって現れます。

シミは他にも、ホルモンバランスの乱れが原因の「肝斑(かんぱん)」や、ニキビやけがの跡をこすったりすることが原因の「炎症後色素沈着」などがあり、それぞれ紫外線に当たると悪化します。

肌のターンオーバーの関係

「そばかす」は遺伝的な要因で起こる

そばかすもシミの一種で、正式名を「雀卵斑(じゃくらんはん)」と呼びます。そばかすは遺伝的な要因によって若い頃から見られ、色白の人に多いといわれています。

監修プロフィール
今津嘉宏先生
芝大門 いまづクリニック院長 いまづ・よしひろ今津嘉宏先生

1988年藤田保健衛生大学医学部卒業。慶應義塾大学医学部外科学教室助手、同大学医学部漢方医学センター助教、WHO intern、慶應義塾大学薬学部非常勤講師、北里大学薬学部非常勤講師、首都大学東京非常勤講師などを経験。2013年芝大門 いまづクリニック開設。北里大学薬学部非常勤教員。著書に『風邪予防、虚弱体質改善から始める 最強の免疫力』(ワニブックス)など。

今すぐ確認!ドクターズチェックはコチラ