うつ病の予防法

うつ病に陥りやすい思考のクセを知る

さきほども説明したように、うつ病には考え方によってなりやすくも、なりにくくもなります。物事のマイナス面ばかりに目がいくという人は、自分でストレスを生み出してしまい、うつ病になりやすくしてしまっているといえます。こうしたことは考え方のクセのようなもので、自分では気づきにくいかもしれません。しかし、日常の中で自分の考え方に目を向け、自覚していくことで自分の思考のクセを修正することが可能になります。

考え方をノートに記録するなどして、思考のパターンを整理し、修正する作業を繰り返してみましょう。繰り返すうちに、徐々に自分の気分や周囲の状況の変化を感じられるようになるはずです。

生活リズムを整えよう

うつ病とはよく眠れない、食欲がわかないなど、基本的な体のリズムに変調を来した状態ともいえます。従ってそれを防ぐには、体のリズムを整えておくことが大切です。

  • 起床後、日光を浴びて体内時計をリセットする
  • 規則的で十分な睡眠をとる
  • 栄養バランスの整った食事をできるだけ時間を決めて摂る
生活リズムを整えよう

これらのことを心がけ、生活リズムを整えていきましょう。

監修プロフィール
堀江重郎先生
順天堂大学大学院医学研究科泌尿器外科学教授 ほりえ・しげお堀江重郎先生

日本Men’s Health医学会理事長。日本抗加齢医学会理事長。泌尿器がんの根治手術と男性医学を専門とし、全ての男性を元気にする医学を研究している。

今すぐ確認!ドクターズチェックはコチラ

もっと知りたい!動画はコチラ