体臭の対策

皮膚を清潔に保って体臭対策

体臭には汗と皮脂、雑菌が大きく関係しています。これらの過剰な分泌や増殖を抑えることは体臭の予防のために大切です。朝、出かける前にシャワーを浴び、体臭、汗臭を防ぐ効果のある薬用石けんなどで体を洗って雑菌の繁殖を防ぎ、皮膚を清潔に保ちましょう。制汗剤もおすすめです。ただし制汗剤は、汗腺をふさぐことで汗の量を減らすため、広範囲の汗腺をふさがないよう、部分的に、短時間、利用するようにしましょう。

汗を抑える

体臭対策は、汗をこまめに拭き取ることから

汗がにおいを発生させるまでは約1時間。それまでに濡れタオルや汗拭きシートなどで、汗の成分や雑菌、皮脂汚れを取り除きましょう。また、衣類に汗が染みると雑菌が繁殖しやすくなるので、わき汗パッドや、消臭作用のある衣類などを上手に活用するようにしましょう。

衣類に汗を染みこませない

体臭について知る

監修プロフィール
今津嘉宏先生
芝大門 いまづクリニック院長 いまづ・よしひろ今津嘉宏先生

1988年藤田保健衛生大学医学部卒業。慶應義塾大学医学部外科学教室、同大学医学部漢方医学センター助教、WHO intern、麻布ミューズクリニック院長、北里大学薬学部非常勤講師などを経て、2013年芝大門いまづクリニック開設。慶應義塾大学薬学部非常勤講師、北里大学薬学部非常勤講師。著書に『風邪予防、虚弱体質改善から始める 最強の免疫力』(ワニブックス)など。