体臭の原因

体臭は、汗をかくと皮膚に常在する細菌が活発化するのが一因

汗の成分の99%は水分で、もともとにおいはありません。体臭を生み出すのは汗そのものではなく、皮膚にすみついている雑菌(皮膚常在菌)です。皮膚には、表面1cm2当たりに20〜30種類、数十万個の細菌が存在するといわれ、肌を乾燥や病気などから守っています。

これらの皮膚常在菌は、皮脂や角質に汗が混ざった物を栄養源として増殖します。その際に発生する、脂肪酸などのにおい物質が「汗のにおい」、つまり、体臭の正体となります。

汗によって発生する「体臭」には、次のようなものが挙げられます。

汗のにおい発生のメカニズム
汗によって発生する体臭①:足のにおい
足独特のにおいの原因は、多量にかく汗と、角質、靴にある。足の裏には背中や胸に比べて5〜10倍の汗腺があり、1日にコップ1杯ほどの汗をかく。さらに足の裏は、体で最も角質が厚い部分のため、靴下や靴で密封された中で汗が蒸発せずにこもると、角質がはがれ落ち、それを栄養分として雑菌が繁殖。足のにおいが発生する。
汗によって発生する体臭②:わきが
わきがは一般の汗とは異なり、汗自体がにおう。わきの下など限られた箇所にある「アポクリン汗腺」から出る汗がもとになっており、これには尿素やアンモニアなどが含まれるため。さらに細菌によって分解された脂肪酸などの物質と混ざることで、強い体臭「わきが臭」となる。アクポリン汗腺は誰にでもあるが、わきがのにおいに悩む人は、その数が多く、サイズも大きいといわれている。
現在、短時間の手術で完全に汗とにおいを抑えることが可能になっている。
わきが発生のメカニズム

体臭には加齢によって発生する「加齢臭」も

年齢を重ねると、体臭が気になる方も多くなるのではないでしょうか?皮膚の潤いを保つ役割をもつ皮脂の中に、パルミトレイン酸という脂肪酸と、過酸化脂質という物質が増加します。この2つが結びつき分解・酸化されると「ノネナール」というにおい物質が発生。これがいわゆる「加齢臭」のもとです。

加齢臭は男性特有のものと思われがちですが、女性も同様に発生します。男性は40〜60代、女性は更年期後の60代以降に強くなる傾向があります。

また加齢臭は、皮膚表面だけでなく、毛穴から出ることもあります。年齢と共に腸の機能が低下すると、老廃物としてにおい成分が多く生成されます。通常は肝臓で無臭化されますが、肝臓の機能も低下すると、血液と共に体内のにおい成分が全身を巡ります。これが毛穴から出ると、体臭となるのです。

加齢臭発生のメカニズム

乱れた生活習慣は体臭を強めてしまう

乱れた食生活、運動不足、過剰なストレスなどの生活習慣は、体臭を強める原因となります。肉を中心とした食生活や運動不足は、においのもとになる皮脂を増やし、ストレスは過酸化脂質をつくる活性酸素を増加させます。これらが増せば増すほど、体臭は強くなるのです。

若年者でも体臭が強くなった場合は、生活習慣病のリスクが高まっているとも考えられますから、生活を振り返ってみてください。

体臭について知る

監修プロフィール
今津嘉宏先生
芝大門 いまづクリニック院長 いまづ・よしひろ今津嘉宏先生

1988年藤田保健衛生大学医学部卒業。慶應義塾大学医学部外科学教室、同大学医学部漢方医学センター助教、WHO intern、麻布ミューズクリニック院長、北里大学薬学部非常勤講師などを経て、2013年芝大門いまづクリニック開設。慶應義塾大学薬学部非常勤講師、北里大学薬学部非常勤講師。著書に『風邪予防、虚弱体質改善から始める 最強の免疫力』(ワニブックス)など。