口臭の対策

食後の後の緑茶やトローチで口臭対策

ポリフェノールには、臭いのもとと結びついて口臭を抑える作用があります。食後の口臭対策として、ポリフェノールを含む緑茶や紅茶などを摂ることは理にかなっています。

また、殺菌・消毒作用があるトローチやドロップなどをなめることも有効です。なめることで唾液が分泌され、口内を洗い流すことでも口臭予防となります。職場なら机の引き出しの中に、外出先でも鞄やポーチの中に1つ入れておくだけで、何かと安心です。

食事の後にすぐできる口臭対策

口の中を清潔に保って口臭対策

口臭を指摘されたり自分で感じたりした場合は、まずは口の中をチェックしてみましょう。歯や歯茎が健康的な状態か、口内が清潔に保たれているかを確認します。

毎日のブラッシングをしっかり行うと共に、マウススプレーやマウスウォッシュなどの口腔ケア用品を使うとよいでしょう。舌苔があるようなら、舌磨き用の柔らかいブラシを使って優しくこすり取ります。舌の粘膜は繊細なので傷つけないよう、多くても1日1回朝食後のみに留めましょう。入れ歯を使用しているのであれば、洗浄剤などを使って念入りにケアします。

舌苔を取るポイント

歯科医院での治療&定期検診で口臭対策

口臭の9割は口の中の状態が原因とされています。セルフケアでも改善できない場合は、歯周病、虫歯、唾液の減少(ドライマウス)などの可能性もあるので、まずは歯科医院を受診しましょう。定期的に3カ月に1回程度は歯科医院へ行って歯垢、歯石を取り除くと共に、口の中をチェックしてもらうことも大切です。

監修プロフィール
今津嘉宏先生
芝大門 いまづクリニック院長 いまづ・よしひろ今津嘉宏先生

1988年藤田保健衛生大学医学部卒業。慶應義塾大学医学部外科学教室助手、同大学医学部漢方医学センター助教、WHO intern、慶應義塾大学薬学部非常勤講師、北里大学薬学部非常勤講師、首都大学東京非常勤講師などを経験。2013年芝大門 いまづクリニック開設。北里大学薬学部非常勤教員。著書に『風邪予防、虚弱体質改善から始める 最強の免疫力』(ワニブックス)など。

今すぐ確認!ドクターズチェックはコチラ