口臭の原因

誰もが感じることがある一時的な「生理的口臭」

口臭が起こりやすいのは、朝の起床直後、空腹時、緊張時などのタイミングです。唾液の分泌が少ないと細菌が増殖し、口から臭いが発生しやすくなります。これは「生理的口臭」と呼ばれるもので、食事や歯磨きをすることで唾液分泌量が増えてくれば自然と治まります。

また、臭いのきつい食べ物や酒、たばこ等が体内に入った時に、臭い成分が血液に取り込まれて肺に運ばれ、吐き出される息ににおいが移って口臭を感じることもあります。これも時間と共に治まるものです。

口臭原因気にする女性

歯周病などの病気が原因で起こる口臭

口の中の病気や口の中の状態が、口臭を起こしていることも少なくありません。口臭の原因には、主に歯周病、虫歯、舌苔(ぜったい:舌の表面に付着する白っぽい細菌などのかたまり)、唾液の減少、入れ歯の清掃不良などがあります。特に歯周病との関連は深く、歯と歯茎の間にすき間(歯周ポケット)ができると、そこに付着した細菌が悪臭成分を発生させ、口臭のもととなります。
口の中の病気以外では、鼻やのどの病気、呼吸器系の病気、消化器系の病気などが口臭と関連していると考えられていますが、口の中の原因が口臭全体の90%以上を占めているとされています。

「唾液不足」は口臭を引き起こす

唾液には、抗菌作用や消化作用、食べかすやプラーク(歯垢)を洗い流す自浄作用があります。唾液の量が低下するとこれらの働きも低下し、雑菌が口の中に繁殖。口臭のもとになる悪臭成分がつくられてしまうのです。

唾液不足による口臭の原因①:かむ回数の減少やストレスが原因
あまりかまない食生活を続けていると唾液が分泌されにくくなります。また、唾液の分泌は自律神経にコントロールされているため、緊張やストレスが続くと交感神経が優位になり、唾液の分泌量が低下します。
他にも、実際は口臭がないのに、自分には強い臭いがあると思い込んで、それがストレスとなり(心理的口臭症)、実際に口臭が起こることもあります。
唾液不足による口臭の原因②:加齢や女性ホルモン分泌量の低下が原因
加齢による口周りの筋力低下や唾液を分泌する唾液腺が萎縮すると、唾液の分泌量が低下します。また、女性は40代を過ぎると女性ホルモン「エストロゲン」の分泌量が低下することによって粘膜が乾燥しがちになるため、唾液の分泌量も低下しやすくなります。これにより、口臭が起こりやすくなります。
女性の更年期とドライマウスの関係
監修プロフィール
今津嘉宏先生
芝大門 いまづクリニック院長 いまづ・よしひろ今津嘉宏先生

1988年藤田保健衛生大学医学部卒業。慶應義塾大学医学部外科学教室助手、同大学医学部漢方医学センター助教、WHO intern、慶應義塾大学薬学部非常勤講師、北里大学薬学部非常勤講師、首都大学東京非常勤講師などを経験。2013年芝大門 いまづクリニック開設。北里大学薬学部非常勤教員。著書に『風邪予防、虚弱体質改善から始める 最強の免疫力』(ワニブックス)など。

今すぐ確認!ドクターズチェックはコチラ