更年期障害の原因

更年期障害とは、のぼせやイライラ、不眠、肩こりなど日常生活に支障を来すほど症状が重い状態いいます。更年期は閉経の前後10年間を指し、40代半ばから50代半ばにあたります。更年期を正しく理解し、対策をとることで更年期を快適に過ごすことができます。まず更年期障害の原因について専門家に伺いました。

更年期障害の主な原因は加齢による卵巣機能の低下

卵巣から分泌される女性ホルモン「エストロゲン」は、感情、骨、皮膚、関節、筋肉、血管、胃腸、脳など、女性の心と体を包み込むように支えています。けれども「アラフォー」と呼ばれる年代になると、卵巣機能が徐々に低下することにより次第にエストロゲンの分泌量は減少し、閉経前の45歳頃から分泌量は急カーブで低下。閉経後にはほとんど分泌されなくなります。これにより、様々な不定愁訴が起きやすくなり、更年期障害になります。

女性と男性のホルモン変化

自律神経のバランスの乱れも更年期障害の原因に

更年期障害は女性ホルモンの低下だけではなく、女性ホルモンをコントロールする脳の視床下部、自律神経のバランスの乱れによっても起こります。
更年期には、卵巣の機能が低下し、女性ホルモンの分泌量が減少します。すると、卵巣からもっと女性ホルモンを分泌させようと、脳はさらにホルモン分泌の指令を出し続けます。それでも卵巣は女性ホルモンを分泌しないため、視床下部はパニックを起こしてしまうのです。
視床下部は、自律神経の中枢でもあるので、自律神経のバランスも乱れ、のぼせや発汗、動悸などの更年期障害の症状が現れやすくなるのです。

不安が原因で更年期障害の症状を悪化させることも

更年期にあたる時期は、親の介護、子どもの受験や自立、自分やパートナーの働き方の変化など、環境的な要因によってストレスを抱えやすい時期であり、もともとの性格や体質とも絡み合って、更年期障害の症状が強く出ることがあります。また、更年期は「つらい」というマイナスイメージや知識不足による不安が症状を悪化させるケースもあります。

女性の心身機能の変化
監修プロフィール
今津嘉宏先生
芝大門 いまづクリニック院長 いまづ・よしひろ今津嘉宏先生

1988年藤田保健衛生大学医学部卒業。慶應義塾大学医学部外科学教室助手、同大学医学部漢方医学センター助教、WHO intern、慶應義塾大学薬学部非常勤講師、北里大学薬学部非常勤講師、首都大学東京非常勤講師などを経験。2013年芝大門 いまづクリニック開設。北里大学薬学部非常勤教員。著書に『風邪予防、虚弱体質改善から始める 最強の免疫力』(ワニブックス)など。

今すぐ確認!ドクターズチェックはコチラ

もっと知りたい!動画はコチラ