かぜの原因

ウイルスが鼻やのどに感染し炎症を起こすことがかぜの原因

かぜは8〜9割がウイルス感染により起こります。原因となるウイルスは200種類以上といわれ、ウイルスによって好む環境や季節、現れる症状が異なります。ウイルスは、細菌やカビなど様々な病原微生物の中で最も小さな存在です。目には見えませんが、空中に浮遊したり、物などに付着したりして、私たちの周りに存在しています。主な原因ウイルスには次のものが挙げられます。

ライノウイルス 秋から春に流行し、鼻づまり、鼻水、くしゃみ、のどの痛みなどが現れる。かぜの大半を占める。
コロナウイルス 主に冬に流行し、鼻水、鼻づまりなどが現れる。
RSウイルス 秋から春に流行し、鼻水、咳、発熱などが現れる。ほとんどの幼児が感染し、乳児は重症化することもある。
パラインフルエンザウイルス 春から秋に流行し、鼻水、のどの痛みなどが現れる。
エンテロウイルス 夏に流行し、のどの痛み、発熱、下痢・腹痛などの腸の症状が現れる。
アデノウイルス 夏に流行し、発熱、激しい咳、のどの痛みなどが現れる。プール熱の原因はこのウイルスである。
監修プロフィール
江田 証先生
江田クリニック院長 えだ・あかし江田 証先生

自治医科大学大学院医学研究科修了。日本消化器病学会認定専門医、日本ヘリコバクター学会ピロリ菌感染症認定医、日本抗加齢医学会専門医、米国消化器病学会国際会員。 『新しい腸の教科書』(池田書店)他著書多数。

かぜに関する動画