お役立ちコラム

スポーツ時は環境条件を把握し、こまめな水分補給で熱中症予防

運動をする時は筋肉で大量の熱が発生するため、気温があまり高くなくても、短時間の運動でも、熱中症の危険度が高くなります。屋外で直射日光を浴びると、輻射熱(ふくしゃねつ)によって気温以上の暑さに見舞われます。閉め切った体育館も気温、湿度共に高くなっているので要注意。運動をする時は環境条件を把握し、以下「熱中症予防のための運動指針」を目安に運動や水分補給を行うことが大切です。暑さに体が慣れていない「急に暑くなった日」や「休み明けの運動」でも熱中症は多く発症するので、注意しましょう。

熱中症予防のための運動指針
WBGT(暑さ指数) 湿球温度 乾球温度(気温) 熱中症予防運動指針
31℃以上 27℃以上 35℃以上 運動は原則中止:特別の場合以外は運動を中止する。特に子どもの場合には中止すべき。
28~31℃ 24~27℃ 31~35℃ 厳重警戒(激しい運動は中止):熱中症の危険性が高いので、激しい運動や持久走など体温が上昇しやすい運動は避ける。10~20分おきに休憩をとり水分・塩分を補給する。暑さに弱い人※は運動を軽減または中止。
25~28℃ 21~24℃ 28~31℃ 警戒(積極的に休息):熱中症の危険が増すので、積極的に休息をとり適宜、水分・塩分を補給する。激しい運動では、30分おきくらいに休息をとる。
21~25℃ 18~21℃ 24~28℃ 注意(積極的に水分補給):熱中症による死亡事故が発生する可能性がある。熱中症の兆候に注意するとともに、運動の合間に積極的に水分・塩分を補給する。
21℃未満 18℃未満 24℃未満 ほぼ安全(適宜水分補給):通常は熱中症の危険は小さいが、適宜水分・塩分の補給は必要である。市民マラソンなどではこの条件でも熱中症が発生するので注意。

(出典)公益財団法人 日本スポーツ協会 熱中症予防運動指針

1)環境条件の評価にはWBGT(暑さ指数とも言われる)の使用が望ましい。

2)乾球温度(気温)を用いる場合には、湿度に注意する。湿度が高ければ、1ランク厳しい環境条件の運動指針を適用する。

3)熱中症の発症のリスクは個人差が大きく、運動強度も大きく関係する。運動指針は平均的な目安であり、スポーツ現場では個人差や競技特性に配慮する。

※暑さに弱い人:体力の低い人、肥満の人や暑さに慣れていない人など。

監修プロフィール
江田 証 先生
江田クリニック院長 えだ・あかし江田 証 先生

自治医科大学大学院医学研究科修了。日本消化器病学会認定専門医、日本ヘリコバクター学会ピロリ菌感染症認定医、日本抗加齢医学会専門医、米国消化器病学会国際会員。『新しい腸の教科書』(池田書店)他著書多数。

今すぐ確認!ドクターズチェックはコチラ

もっと知りたい!動画はコチラ