熱中症の予防法

暑さを我慢せず、暑さ対策を万全に

熱中症は適切な予防法を知っていれば十分に防ぐことができます。熱中症予防のポイントは以下です。

  • 熱中症を発症しやすい日の外出や運動を避ける。
  • 睡眠不足や疲労、かぜなどで体調が悪い時は無理して外出せず、休養をとる。下痢で脱水状態の時や二日酔いの時も同様。
  • 日傘や帽子などで直射日光に当たらないようにする。男性も同様に。
  • 家では風通しをよくし、エアコンを上手に活用する。 ※室内にいても室温や湿度の高さ、風通しの悪さから熱中症にかかる場合がある。
  • 温湿度計を置いて気温をチェックする習慣をつける。
  • のどが渇いていなくてもこまめに水分を補給する。
熱中症予防

衣類の工夫や冷却グッズを使用

熱中症予防では、麻や綿など通気性のよい生地を使った衣類、速乾性や吸水性にすぐれた素材の下着などを身につけることで体の熱を逃がすのもよいでしょう。熱中症対策グッズとしてネッククーラーや冷感タオルなど、様々なグッズが販売されているので、これらを利用してみるのもおすすめです。

快適な睡眠環境で熱中症予防

暑くて寝苦しければ十分な睡眠をとることができずに体力の低下を招き、日中ばかりでなく睡眠中に熱中症となる場合もあります。快適な睡眠をとるために、エアコンや扇風機を使うことはもちろん、通気性や吸水性のよい寝具を使い、睡眠環境を整えましょう。

監修プロフィール
江田 証 先生
江田クリニック院長 えだ・あかし江田 証 先生

自治医科大学大学院医学研究科修了。日本消化器病学会認定専門医、日本ヘリコバクター学会ピロリ菌感染症認定医、日本抗加齢医学会専門医、米国消化器病学会国際会員。『新しい腸の教科書』(池田書店)他著書多数。

今すぐ確認!ドクターズチェックはコチラ

もっと知りたい!動画はコチラ