熱中症の対策

熱中症の応急処置:涼しい場所へ避難し、冷却と水分補給を行う

速やかに周囲の人に協力してもらい、次のような手順で応急処置を行います。

  1. 速やかに風通しのよい日陰や冷房の利いた室内など涼しい場所へ移動する。
  2. 衣類を緩め、心臓への血液の流れがスムーズになるよう足を高くして寝かせる。
  3. 意識があり、嘔吐が無い場合は、冷たい水や塩分も補える経口補水液、スポーツ飲料などを少しずつ何回にも分けて補給する。
  4. 顔や体に濡れタオルを当てるか水をかけ、うちわなどであおいで風を送る、氷のうやアイスパックを動脈部位(首の両側、脇の下、太もものつけ根)に当てるなどして冷やす。

熱中症が重度の場合は救急隊を要請

重症度Ⅲの場合は、すぐに救急隊を呼びましょう。救急隊が到着するまでの間も、応急処置を行います。体温が異常に高くなって様々な障害が出ていることが考えられますから、一刻も早く対応が重要です。また、自分で水分補給ができない場合に無理に水分を与えようとすると、気道に水が流れ込む可能性があるので避けましょう。

監修プロフィール
江田 証 先生
江田クリニック院長 えだ・あかし江田 証 先生

自治医科大学大学院医学研究科修了。日本消化器病学会認定専門医、日本ヘリコバクター学会ピロリ菌感染症認定医、日本抗加齢医学会専門医、米国消化器病学会国際会員。『新しい腸の教科書』(池田書店)他著書多数。

今すぐ確認!ドクターズチェックはコチラ

もっと知りたい!動画はコチラ