熱中症の原因

熱中症は高温多湿、急に暑くなった日に起こりやすいなどの環境要因が原因

熱中症は、高温多湿、風が弱い、日射しが強い日に多く発症します。また、夏の初め、梅雨の合間で突然気温が上昇した日など、まだ体が暑さに適応できていない状況で起こることもあります。こうした環境にかぜや疲労、睡眠不足や下痢などの体調不良が重なることでもかかりやすくなります。

近年は節約意識の高まりから冷房の使用を我慢する人が増え、高温多湿による熱中症も増えています。特に高齢者は室内で熱中症にかかる人も少なくありません。

熱中症は体温の調節システムが上手く働かなくなることが原因

人間は熱に弱い脳や体を守り、暑さや運動によって深部体温が過度に上昇するのを防ぐため、自律神経が指令を出す2つの体温調節システムが備わっています。しかし、暑さや体調、持病などによりこれらの体温調節システムが上手く働かないと熱中症にかかりやすくなります。

体温調節の不具合による熱中症の原因①:体内に熱がこもる
通常は、暑さを感じると皮膚の血管を拡張して皮膚表面に多くの血液を集めて皮膚温を上げ、外気との温度差で熱を放出しようと働く。しかし、気温が皮膚温よりも高くなると、皮膚から体内の熱を逃がせなってしまう。皮膚表面に血液が集中する状態が続くと、脳や心臓に運ばれる血液量の確保が難しくなり、様々な障害が発生する。
体温調節の不具合による熱中症の原因②:体内の水分と塩分不足が起こる
通常は、汗腺から出た汗が蒸発する時の気化熱によって熱を放出しようと働く。しかし、多量の汗をかくと体内の水分が減少し、脱水症状を引き起こすほか、体内の塩分バランスが崩れてしまう。さらに体内の水分が一定量を下回ると汗が出にくくなり、体温はさらに上昇し、より重症化する。
体温調整システム

体調調節機能が不十分な高齢者や子どもは、熱中症になりやすい

高齢者
体温調節機能が老化により低下するため、熱中症にかかりやすくまた重症に至るケースも少なくない。高齢になると発汗機能の低下や皮膚に運ばれる血液量の減少により、体内に熱をため込みやすかったり、皮膚の温度センサーの衰えで暑さに鈍感になったりする。また、体内の水分量が体重の50%程度に減少するため(通常成人は約60%)脱水症状を起こしやすく、のどの渇きを感じにくくなるため水分不足になりやすいことも熱中症発症の一因。
子ども
乳幼児は汗腺が未発達で汗を出す量が少なく、体重の割に体表面積が大きいため大人より熱を取り込みやすいため、体温調節が上手くできない。子どもは汗っかきではなく、熱しやすく冷めやすい。子どもが顔を赤くしていたり、よく汗をかいていたりする時にはかなり深部体温が上昇していると捉えたほうがよい。また、小学校低学年までの子どもは衣類による温度調節を自らできないことも発症の一因となる。
監修プロフィール
江田 証 先生
江田クリニック院長 えだ・あかし江田 証 先生

自治医科大学大学院医学研究科修了。日本消化器病学会認定専門医、日本ヘリコバクター学会ピロリ菌感染症認定医、日本抗加齢医学会専門医、米国消化器病学会国際会員。『新しい腸の教科書』(池田書店)他著書多数。

今すぐ確認!ドクターズチェックはコチラ

もっと知りたい!動画はコチラ