健康コラム

季節の疾患のコラム一覧

肌トラブルを回避! 正しい紫外線ケア

季節の疾患

紫外線は太陽光に含まれる光線の1つです。紫外線の量は、場所や天候などにより左右され、季節によっても変化します。日本国内では5月頃から紫外線量が増え始め、6~8月の夏場に最大となります。紫外線は肌に様々なダメージを与え、シミや皮膚がんの原因になることも。シーンや肌タイプに応じた日焼け止めを使用するなどして、年間を通して適切な紫外線ケアを心がけましょう。 ※この記事は2016年6月のものです。 <目次> Q1.紫外線はなぜ肌によくないの? Q2.紫外線が原因のシミと、老化が原因のシミは違うの? Q3.太陽光には、よい作用もあるのでは? Q4.太陽と「くる病」の関係は? Q5.紫外線に注意が必要なシーンは? Q6.紫外線による肌トラブルを予防するには? Q7.日焼け止めの選び方と、効果的な使い方は? Q8.赤ちゃんにも日焼け止めを使ってよい? Q9.日焼けしてしまったら? Q10.サンオイルと日焼け止めとの違いは? Q11.できてしまったシミは消せるの? Q12.高齢者に多い日光角化症とは?

お薬について薬剤師にLINEで相談できます!お薬について薬剤師にLINEで相談できます!