夏バテと紫外線から体を守る!「トマト」の薬膳レシピ

薬膳では、夏野菜は体の熱を穏やかに冷ましてくれる食材です。
中でも注目なのがトマト。体の熱を取り、食欲をアップさせて夏バテを防いでくれる他、
紫外線で発生する活性酸素を抑制する抗酸化力が高いので、紫外線対策にもなります。

<目次>
Pick up
01.トマトの簡単雑炊
02.ミニトマトとアジのサッと煮

Pick up

旬のトマトは抗酸化力の高い「リコピン」が豊富。脂溶性なので油で調理すると吸収率が上がります。

01 トマトの簡単雑炊

野菜を切るだけで簡単! 暑くて食欲が出ない時にサラッといただけます。

材料

(2人分)354kcal・塩分1.6g/人
・具材
・にんにく(みじん切り)…1片
・しょうが(すりおろす)…2cm角大
・ごま油…大さじ1
・塩…小さじ1/5
・トマト(完熟)… 2個(300g)
・きゅうり(小口切り)…1本

・スープ
・水…2カップ
・鶏ガラスープの素…小さじ1
・酒…大さじ3
・塩…小さじ1/4
・しょうゆ…小さじ1/3
・ご飯(温める)…300g
・パクチー(長さ1cmに切る)…1~2株(お好みで)

作り方

①具材を作る。ボウルに、にんにくとしょうがを入れ、ごま油と塩を加えてよく混ぜる。トマトはヘタを取り除いて横半分に切り、タネを出して1cm角に切る。ボウルにトマトも加えてよく混ぜる。きゅうりは塩少々(分量外)を振り、水分が出たら流水で洗い絞っておく。
②スープを作る。小鍋に水を沸騰させ、鶏ガラスープの素と酒、塩を混ぜて一煮し、しょうゆを加えて混ぜたら火を止める。
③温めたご飯を大きめの丼に入れて上面を平らにし、①をきゅうり、トマトの順にのせる。上から②をかけ、パクチーを飾る。
※お好みで、ちりめんじゃこやシーチキンなどをのせるとタンパク質も摂れる。また、パクチーのみじん切りをご飯に混ぜてもおいしい。

02 ミニトマトとアジのサッと煮

ビタミンB₂・Dが豊富な旬のアジと一緒にいただきましょう。
夏冷え対策に、しょうがの辛味で血流アップ。

材料

(2人分) 225kcal・塩分1.3g/人
・アジ(ぜいごを取り除き、3枚におろす)…大2尾
 下味(酒大さじ2・塩少々)
・ミニトマト… 10個
・しょうが…親指大
・しし唐辛子(軸を取り除き、タテに切れ目を入れる)…6個
・しそ …10枚
・ズッキーニ… 1/2本(100g)
・片栗粉…大さじ1/2
・オリーブ油…大さじ2
・酒…大さじ1
・塩…小さじ1/4
・しょうゆ…小さじ1

作り方


①下処理をしたアジは流水でさっと洗い、ペーパータオルで拭いて食べやすい大きさに切る。バットに入れて下味を振りかけておく。
②ミニトマトはヘタを除き、半分に切る。しょうがは薄切り。しし唐辛子は2、3等分に切る。しそは2cm大のざく切り。ズッキーニは5mmの厚さに切り、大きい物は半月切り。
③①の汁気を切り、片栗粉を振りかける。フライパンにオリーブ油、しょうがを入れて中火にかける。香りが立ったらアジを加え、全体に焼き色がついたら、ペーパータオルを重ねたバットに取る。
④③のフライパンにズッキーニを入れて油がまわるまで強めの中火で炒め、しし唐辛子を加えて油がまわったら、ミニトマトも加えて炒め合わせる。トマトの皮が少し破れたら、酒、塩、しょうゆを加えて一煮する。
⑤煮立ったらアジを戻し入れ、蓋をして強火で30秒ほど煮る。全体を混ぜ合わせ、しそを加えて火を止め、器に盛る。
※ミニトマトではなくトマトで作る場合は、大1個を3cm大の角切りに。
監修プロフィール
植木 もも子先生
うえき・ももこ植木 もも子先生

管理栄養士・国際中医師・国際中医薬膳管理師