背骨のゆがみ度チェック

人間の体は、背骨と呼ばれている柱に支えられています。背骨は、24個の骨が積み木状になってできています。正面から見るとまっすぐですが、横から見ると首の部分が緩やかに前に、背中の部分が後ろに、腰の部分が再び緩やかに前に弯曲しているS字形(S字弯曲)をしています。背骨は体の柱の役目を果たしているだけではありません。背骨の穴の中を脊髄(せきずい)という神経の束が通っていて、その脊髄から枝分かれした末梢神経が全身の筋肉や内臓、器官を動かしているのです。正しい姿勢とは、この人体の唯一の柱である背骨に負担をかけることなく、すべての筋肉や内臓、器官につながる神経の機能を最大限発揮させるために必要な体勢なのです。

背骨のゆがみ度チェック

正しい姿勢を身に付けることは、地球に対して体を垂直に保っていられる能力(筋力とバランス感覚)を身に付けることとイコールです。特に、人は立っている時に比べ、座った時に猫背になりやすい体の構造をしているので、理想的な背骨の形=S字カーブを保ったまま座れるイスの正座を余裕で30分保てるようになることが姿勢改善のカギを握ります。

●左右の歪みのチェック法
①頭の傾き(両目の高さ又は両耳の穴の高さ)
②肩の高さ
③骨盤の片寄り・傾き(ウエストのくびれ方)
④体のねじれ(顔、肩、骨盤部)
⑤つま先の向き
が左右対称であるかどうかをチェックします。もし、正面もしくは背後から見て、非対称な部分があるとしたら、骨盤や背骨における左右の歪みが疑われます。
まずは以下をチェックしてみましょう。

チェックスタート!

  • 1 自分は猫背だと思う

  • 2 デスクワークをする時間が長い

  • 3 腕組みをすることが多い

  • 4 枕は高いほうが好きだ

  • 5 畳やフローリングの上にあお向けで寝るとあごが上がってしまう

  • 6 家ではイスに座るよりも、床やソファーに座ることが多い

  • 7 平日は必ずスマホを使う

  • 8 いすに座ると足を組むくせがある

  • 9 床に座るときは横座りをする

  • 10 いすやソファーのひじかけに腕を乗せることが多い

  • 11 テレビを見るとき横寝で見る

  • 12 字を書く際、紙が斜めになっている

  • 13 ショルダーバックは同じ肩にかける

  • 14 大きな鏡で全身を見ると、頭の傾き、肩の高さ、ウエストのくびれが左右で違う

  • 15 首がこる

  • 16 肩がこる

  • 17 背中がこる

  • 18 腰痛がある

  • 19 頭痛持ちだ

  • 20 手足に痛みやシビレがある

  • 性別

  • 年齢
監修プロフィール
碓田拓磨先生
うすだ・たくま碓田拓磨先生

1967年生まれ。早稲田大学社会科学部卒業後、株式会社リクルート勤務を経て、米国パーマーカイロプラクティック大学卒業。ドクターオブカイロプラクティックの学位を取得。2002年に虎ノ門カイロプラクティック院を開業。同2002年より早稲田大学体保健体育科目「姿勢と健康」の講義を担当。
◆著書:「姿勢がいい子はグングン伸びる!」(ナツメ社)、「心と体が変わる姿勢のつくりかた」(洋泉社)他
◆TV出演:世界一受けたい授業、あさイチ、まる得マガジン、この差って何ですか?、元気の時間、ホンマでっか!?TV、バイキング他
詳しくはこちら。
虎ノ門カイロプラクティック院ホームページ