免疫力チェック

免疫とは、私たちの体に本来生まれながらにして備わっている、生態防衛機能のこと。すなわち、自分で自分を守る力のことです。体内に入ったウイルスや細菌などの異物や、体内にできてしまったがん細胞などから身を守る力であり、病気というかぜから健康を守るための防風林ともいえるのです。目には見えにくいのですが、免疫力が低下すると、感染症やさまざまな病気にかかりやすくなったり、病気やけがが長引いたりします。現代人は免疫力が低下しているともいわれています。あなたの免疫力は正常に働いているでしょうか?
さあ、あなたの免疫力をチェックしてみましょう。

免疫力チェック

免疫力が下がると、さまざまなウイルスや細菌による感染症にかかりやすくなります。また、抵抗力が下がって、かぜやインフルエンザが流行するとすぐにかかってしまったり、いったんひいてしまうと重症になったりします。
免疫力は、遺伝的なことや生活環境でひとり一人個人差がありますが、日常生活の中の疲労や栄養不足、ストレスなどにより低下するとも考えられています。ですから、バランスのよい食生活を心がける、規則正しい生活をする、ストレスを発散させるなどして対処することが大切です。とくにもともと免疫力が低い高齢者や乳幼児、病気療養中の人などは、感染症にかかるとこじれたりするので注意が必要です。

チェックスタート!

日々の生活を振り返り、当てはまる答えをチェックしてください。
あなたの免疫力をチェックします。

  • 1 よくかぜをひく

  • 2 咳がよく出る

  • 3 かぜをひくと長引く

  • 4 耳が聞こえづらい

  • 5 排尿のときに痛みを感じる

  • 6 残尿感がある

  • 7 頭痛を感じる

  • 8 皮膚がただれることがある

  • 9 口内炎ができる

  • 10 口のまわりがただれる

  • 11 唇が荒れたり、乾燥しやすい

  • 12 倦怠感がある

  • 13 食欲がないことがある

  • 14 食事をした後などに、吐き気を感じることがある

  • 15 切り傷が治りにくい

  • 16 切り傷などが化膿することがある

  • 17 下痢をすることがある

  • 18 身体の冷えを感じる

  • 19 肌荒れが気になる

  • 20 便秘がちである

  • 21 ストレスを感じる

  • 22 環境が変化すると気が滅入る

  • 23 睡眠不足だと思う

  • 24 疲れやすくなった

  • 25 移動は電車や車を使い、歩くことが少ない

  • 性別

  • 年齢
監修プロフィール
松本孝夫先生
順天堂大学医学部総合診療科客員教授 まつもと・たかお松本孝夫先生

1948年、埼玉県生まれ。順天堂大学医学部卒業。同医学部総合診療科教授を経て東京臨海病院副院長歴任。順天堂大学医学部客員教授。