ものもらい危険度チェック

チェック結果

ものもらい危険度チェック:結果(c)のイメージ

あなたのものもらい危険度は、やや高め。日ごろから何となく目の不快症状を感じている人も多いことでしょう。目そのものに何かトラブルがないか、また、体の抵抗力が落ちていないかどうか確認しましょう。目が乾いて目の表面の角膜に傷がついている「ドライアイ」も、ものもらいを引き起こしやすくする要因です。コンタクトレンズ使用者に多いので、特に注意してください。

糸井素純先生
先生からのアドバイス

涙は目の雑菌を洗い流す働きをしていますが、目が乾くとこうした目のバリア機能が落ちてしまうため、感染を起こしやすくなります。コンタクトレンズを使っている人以外に、長時間のパソコン作業をする人や、糖尿病やリウマチ性の疾患がある人も要注意です。コンタクトレンズは取り扱い方法を守り、いつも清潔なレンズを使うようにして、パソコン操作や細かい作業をするときは、意識的にまばたきを多くし、1時間に5分以上は休憩をとるようにしましょう。また、定期的に目の検査を受けることも大切です。

もっと知りたい!動画はコチラ