四十肩・五十肩チェック

「腕を動かすと、肩に痛みが走る」「痛くて腕が上がらない」…中年以降の人でこんな症状がみられた場合、まず疑われるのが四十肩・五十肩です。四十肩・五十肩は、ほとんどの場合、これといった原因もなく発症し、特別な治療を行わなくても半年~1年ほどで自然に治りますが、その間、激しい痛みや腕の運動が著しく制限されることで、日常生活に支障をきたすことが少なくありません。
肩は私たちが日ごろよく使う部分だけに、障害が起こりやすいものです。肩の状態をチェックして、健康維持に役立てましょう。

四十肩・五十肩チェック

四十肩・五十肩は肩関節の周りに起こる炎症で、正式には「肩関節周囲炎」といいます。40~50代の人に多く発症し、激しい肩の痛みが生じ、痛みのために腕を動かせる範囲が限られてくるのが特徴です。原因はよくわかっていませんが、肩関節周囲のいろいろな組織が変性したり、微細な損傷を受けたり、炎症を起こしたりすることが基になっていると考えられます。
四十肩・五十肩は一般に、急性期には痛みが激しく、ひどい場合は夜も眠れなくなるほどですが、炎症は徐々に治まり、運動制限を主症状とする慢性期を経て、半年~1年で回復に向かいます。しかし、自然に治るからと適切なケアを行わないでいると、肩関節が固まったまま動かなくなることもあります。急性期には安静を保つことが大切ですが、急性期が過ぎたら、可能な範囲で肩を積極的に動かす方が回復が早く、癒着による後遺症も防ぐことができます。
肩関節は、誰でも年齢とともに徐々に可動域(動かせる範囲)が狭くなるものです。日ごろから運動を習慣にし、肩をコンスタントに適度に使うようこころがけましょう。

チェックスタート!

日々の生活を振り返り、当てはまる答えをチェックしてください。
あなたの四十肩・五十肩をチェックします。

  • 1 肩や首の辺りに不快感や違和感がある

  • 2 肩を動かすと痛む

  • 3 肩の周辺を押すと痛む

  • 4 肩の痛みが首や腕まで広がっている

  • 5 夜から朝方にかけて、肩の痛みが強くなる

  • 6 片方の肩だけに痛みや不快感がある

  • 7 腕を頭の上に上げにくい

  • 8 腕を背中に回しにくい

  • 9 腕を外や内にひねりにくい

  • 10 両腕を左右に広げにくい

  • 11 1か月以上、原因不明の肩の痛みが続いている

  • 12 肩の痛みがだんだんひどくなってきた

  • 13 急に肩に激痛が起こり、肩を動かせなくなった

  • 14 肩をぶつけた後や重い物を持ち上げた後、肩が痛くなった

  • 15 腕を上げた状態で長時間作業をしてから肩が痛くなった

  • 16 日ごろあまり運度をしていない

  • 17 肩を酷使する仕事やスポーツを長期間している

  • 18 過去に肩の関節を傷めたことがある

  • 19 肩を冷やす環境にいることが多い

  • 20 40歳以上である

性別

年齢