泌尿器系トラブル度チェック

トイレが近くなったり尿が漏れたりするトラブルは、「恥ずかしいから」と我慢している人が多いといわれます。こうした尿のトラブルは、加齢による現象として起こる場合もありますが、病気が原因のときもあります。原因を理解して早期に対処することが、快適な生活を送る上で大切です。
さて、あなたは尿のトラブルを抱えていても、人にいえないからといって我慢していませんか? 正しい知識を得て改善していきましょう。

泌尿器系トラブル度チェック

排尿には、血液中の老廃物や摂取しすぎた水分や糖、塩分、アンモニアなどの有害物質を尿とともに排出し、血液をきれいにする役割があります。排尿の回数は、気温の変化や摂取した水分量、発汗、緊張などの精神状態などによって変わります。成人で、起きているときは、50歳未満で8回以内、眠っているときは、50歳未満は0回、50~60歳で1回、60歳以上は2回までが目安です。起きているときに10回以上トイレに行くことを「頻尿」といいます。
さて、あなたの排尿は正常なかたちで行なわれているでしょうか。チェックしてみてください。

チェックスタート!

日々の生活を振り返り、当てはまる答えをチェックしてください。
あなたの泌尿器系トラブル度をチェックします。

  • 1 トイレに行ってもすぐに行きたくなる

  • 2 排尿のときに痛みを感じる

  • 3 尿がにごっている

  • 4 夜間に3回以上、トイレに行く

  • 5 トイレを我慢することが多い

  • 6 水分はあまり摂らないほうだ

  • 7 体に冷えを感じる

  • 8 アルコールが好きでよく飲む

  • 9 便秘がちだ

  • 10 自分は太りぎみだと思う

  • 11 咳をすると尿がもれることがある

  • 12 くしゃみをすると尿がもれることがある

  • 13 大声で笑ったときに尿がもれることがある

  • 14 椅子から立ち上がったときに尿がもれることがある

  • 15 尿意を感じたとたんに漏れることがある

  • 16 トイレが間に合わないことがある

  • 17 自分は更年期障害ではないかと感じることがある

  • 18 膀胱炎、前立腺肥大症、神経系の障害などにかかっている

  • 19 出産を経験している

  • 20 現在、妊娠している

性別

年齢